看護士の給料

看護士が転職で年収アップさせるには?

投稿日:

転職ときには、求人情報の裏を読む!

転職しようと決めたら、まずは看護師専門の求人サイトや情報誌で探す人が大多数。
ただ、募集内容はその病院の良いところばかりが強調されていますので、その裏側の隠された情報というのを見分けられないとダメ。

上手い話だけを真に受けて転職してしまうと、以前働いていた病院と待遇がかわらない、もしくは悪くなってしまった…なんて事にもなりかねないのです。
求人情報の給与勤務時間休日について、注意してチェックする必要があります。

1、給与

一般的には「月給○○万円」と記載されていますが、月給は基本給と各種手当で成り立っています。
ですから、まずは基本給がいくらなのかを把握する必要があり、基本給が把握できれば賞与も計算することができます。
なぜなら、賞与は「基本給×○ヶ月分」で算出されるのが一般的だからです。勘違いしないためにも、月給ではなく基本給でみるようにしましょう。

ただ、なかには基本給を記載しないところもありますので、その場合は面接時に確認です。
さらに、賞与は必ず支給されるわけではないので、求人情報に賞与について触れていなかったら、その職場では賞与がないということですから、こちらも注意が必要です。

ちなみに、同じ地域の病院であれば、似たようなお給料になります。
飛びぬけて高い場合は、もしかしたらハードワークの職場、看護師の離職率が高い病院かもしれないので、こちらも注意が必要。

2、勤務時間

シフト制であれば、各勤務時間が重なっていないかどうかをチェック。
重なっている時間は申し送りの時間になりますが、ない場合は勤務時間外におこなうという事。
それが残業代としてつけてくれるのであればいいですが、そうでない場合もあるので、こちらも確認が必要です。

3、休日

休日の表記については、「完全週休2日制」や「週休2日制」と微妙に違う言い回しが…。
どちらも同じように思えますが、前者は「毎週必ず2日のお休みがある」ですが、後者は「週に2回のお休みがある週が、1ヶ月に1回はある」として1ヶ月で最低5日間の休みが保証されているだけ。
しかも、お給料が高い病院は週休2日制の事が多く、これは単に出勤日が多いからお給料が高めに設定されている…なんてことも。全く待遇が違いますから勘違いしないように注意しましょう。

ちなみに、「4週8休」といった表現もありますが、これは「4週間内のトータルで8日間の休み」ということなので、毎週必ず2日間の休みがあるとは限りませんので、こちらも注意が必要です。
休日数を把握するには、年間休日数が一番。1年にどれくら休みがとれるのか、必ずチェックしておきましょう。

-看護士の給料

Copyright© 給料アップしたい看護師の求人サイト , 2017 AllRights Reserved.