転職活動

転職代行を利用して辞める人が増えているってホント?

投稿日:

退職代行サービスSARABA

退職代行サービスSARABA

退職は自由です。

誰にでも辞める権利はあり、職場側が辞めることを拒むことはできません。

にも関わらず辞めたいけど辞められないと悩む人があとをたちません。

色々なケースがあるようですが、大体こんなパターンです。

  • 辞めると告げたら拒否られた。
  • 辞めると告げたけど、誤魔化されてきちんと話を聞いてくれない。
  • 辞めると告げたら、引き継ぎ等が終了するまでいて欲しいと引き伸ばされている。
  • 辞めると告げたら、損害賠償を請求するなどと恫喝されてそれ以上何もいえなくなってしまった。
  • 辞めると言える空気じゃない。

性格的に言いにくい人もいると思いますし、しっかり言える人でも、職場や上司によっては言えないなんてこともあります。

そもそも、辞めたい意思を告げられない、もしくは告げても聞き入れてくれないような職場はさっさと退職して他を探す方がいいでしょう。

時間は有限です。

あなたの人生において新しいより良いスタートを切るためにも、さっさと辞めましょう。

そこで、どうしても退職の意思を告げられない、告げても辞められない人が最近利用しているという噂の「退職代行」。

ネットはもちろん、新聞やテレビなどのメディアでも取り上げられることが多くなったサービスですけど、実際に利用している人はいるのでしょうか?

退職代行についてご紹介します。

退職代行とは?

退職代行とは、あなたの代わりに退職の意思を職場に告げて、辞めさせてくれるサービスです。一般の企業が運営していたり、弁護士法人が運営していたり色々です。

退職代行に申込むとその瞬間から会社に行かなくてもOK。あとはすべて代行会社が行なってくれます。電話等のやり取りも不要で、離職票の手配なども行なってくれます。今現在数十社の退職代行会社があり、ほとんどの会社が退職率100%をうたっています。

そもそも、退職は誰にでもできる権利ですから、退職できないなんてことはないんですけどね。会社に行かなくてもいい、会わずに済む、という部分が大きなメリットと言えるでしょう。

電話はかけないように伝えてもらうことはできますが、強制力はないので、会社が上司によってはかけてきます。出なくても問題ないですけど、メンタルキツそう……。

いきなり行かなくなったら損害賠償を請求されるんじゃ……と心配する人もいるようですが、損賠賠償を請求する時間的コスト、金銭的コストを考えると、実際に請求することはほとんどないと言われています。

というわけで、どうしても自分独りでは辞められないという人は、退職代行サービスを利用するのもありでしょう。

SNSなどを見ると、退職代行サービスを利用して辞めたという人が結構いて驚きます。サービス数の増えているということはそれだけ需要があるということでしょうからね。お金がかかることですから自分で辞められたらそれが一番ベストですけど、どうしても無理という人は検討してみてください。

退職代行にお願いする際の注意点

一般の会社が運営するサービスと弁護士が運営するサービスがあると言いましたが、基本的に交渉事というのは弁護士しか行なうことができません。弁護士以外の人が行なうと「非弁行為」となり、場合によっては犯罪とみなされてしまいます。

交渉事というのはどういうことかというと、

  • 未払い給与の交渉
  • 残業代支払いの交渉
  • 有給取得の交渉
  • 退職金支払いの交渉

などです。

一般の会社が運営しているサービスでも上記のことが対応できるとうたっているサービスはありますが、その場合は交渉ではなく、ただあなたの希望を伝えるというだけです。

一般の会社の退職代行は、あなたの要望を伝えてくれるサービスだと思ってください。

その要望に対して会社側が応えるかどうかは別問題。しっかり応えてもらうために話し合いが必要になった場合は、弁護士に対応してもらう必要があります。一般会社の退職代行サービスでは交渉や話し合いはできません。

一部労働組合を作って、労働組合として退職代行を行なっている会社があります。その場合、一部団体交渉が可能になるようですが、確実なのは弁護士にお願いすることです。

もし退職の際に上記のような交渉事が必要な場合は弁護士が行なっている退職代行サービスを利用した方があとあと面倒がなくていいかもしれません。

退職代行の料金

業者が増えたせいか最近ではかなり価格競争になっています。

30,000円くらい。

申込みから退職完了まで追加料金なしで大体これくらいです。

弁護士が行なっている退職代行の場合は、着手金が3~5万円くらいで、請求金がある場合は成功報酬もかかります。普通の退職代行業者に比べると割高ですが、交渉や請求がからむ退職の場合は弁護士の方が確実かつ安心です。

こんな人は退職代行を利用しましょう。

一刻も早く辞めたいのに辞めれない人。

時間がもったいないです。すぐに退職代行を利用して辞めましょう。

また、残業代や給与未払い、退職金請求など、権利の取得を伴う退職の場合で、自分独りではどうにも無理という方は、弁護士が行なう退職代行サービスを利用しましょう。

辞めるのもそうですけど、主張すべき権利はしっかり主張するべきです。自分独りで難しいようであれば、誰かに助けてもらえばいいんです。

過去には泣き寝入りしていたような人も大勢いると思いますが、退職代行のようなサービスの登場で、誰しも手軽に自分の権利を主張できるようになるのはいいことですよね。こういうサービスがあることで今までは何となくで自分達の都合いいようにやってきた会社側も、今後はしっかりしなきゃいけないという意識になるはずですから。

参考:退職代行ヒカク

ブログランキング

  • にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

-転職活動
-

Copyright© 給料アップしたい看護師の求人サイト , 2019 AllRights Reserved.